MAKER'S PUSH!ピジョン商品おススメメディア

検索
パパ・ママの疑問に答えるPigeonコンシェルジュ!「チャイルドシート コキーユ」の疑問にお答えします! パパ・ママの疑問に答えるPigeonコンシェルジュ!「チャイルドシート コキーユ」の疑問にお答えします!

イチオシ

2020.10.26

パパ・ママの疑問に答えるPigeonコンシェルジュ!「チャイルドシート コキーユ」の疑問にお答えします!

この記事のPush!ライター

EC担当 黒田
コンシェルジュと共に商品をご紹介します!EC担当 黒田

Pigeonコンシェルジュが、みなさんからの疑問に回答する動画が公開されました!
今回は、チャイルドシートCoquilleコンシェルジュの石沢さんが回答をしていきます。
本日みなさんの疑問を解消する商品は、チャイルドシート、Coquille(コキーユ)です。

【質問1】生まれたばかりの赤ちゃんを乗せても大丈夫ですか?

生まれたばかりの赤ちゃんを乗せても大丈夫ですか?

生まれてすぐに、ご家族でドライブだなんて、ステキですよね。
Coquille(コキーユ)は、生まれてすぐ新生児からお使いいただけます。ただし、赤ちゃんの首がすわって体重が9kgになるまでは、後ろ向きに取り付けてください。

体重が7kgになるまでは、ヘッドパッド・ランバーサポート・インナークッションは必ず使用してください。

また、体重が7kgになるまでは、ヘッドパッド・ランバーサポート・インナークッションは必ず使用してください。

Coquille(コキーユ)は、チャイルドシートの着用義務期間の新生児から6才までを1台でカバーでき、買い替えが不要です。生まれてすぐから7才頃まで、ロングユースでお使いいただくことができます。

【質問2】Coquille(コキーユ)の良いところは、どんなところですか?

良いところは、どんなところですか

もちろんロングユースでお使いいただけるところもあるんですけれども、その他に3つおススメのポイントがあります。

まず1つ目です。

インパクトガード
4層構造のインパクトガードになります。特に、頭部の横につけたサイドインパクトガードは、ピジョンならではの構造で、横からの衝撃を緩和して、赤ちゃんの頭をしっかりと守ってくれます。

2つ目は、ランバーサポートです。

ランバーサポートです
赤ちゃんの腰回りを支えるクッションになっており、新生児のまだ安定していない赤ちゃんの姿勢をしっかりサポートすることができます。

そして、3つ目。日よけです。

日よけです
車の中でも、強い日差しが気になる方が多いかと思います。そんな日差しや、紫外線をしっかりガードしてくれるのが、こちらの日よけです。

【質問3】お手入れの仕方はどうしたらいいですか?

赤ちゃんは、汗っかきなので、お手入れの仕方に悩む方も多いかもしれません。

シートカバーは外して洗うことができます
実は、Coquille(コキーユ)のお手入れは簡単でして、シートカバーは、外して洗うことができるんです。

【質問4】肩ベルトがうまく調整できません。どうやって体格に合わせればいいですか?

アジャストレバー
肩ベルトの調整は意外と難しいですよね。ぜひ動画を見て頂ければですが、アジャストレバーを押しながらベルト本体を引き上げることで肩ベルトを調整することができます。
締めるとき
締める時は、手前にあるベルトを引っ張るだけで調整できます。
ベルト本体を持つ
肩ベルト調整のポイントは、肩ベルトカバーではなく、ベルト本体を持つことです。
チェック
最後に、お子様の鎖骨と肩ベルトカバーの間に、指が1本入る適切な締め具合になっているかチェックしてあげてください。

《基本的な操作方法》

【リクライニング】

リクライニング
赤いレバーを引くことで、リクライニングができます。一番深いリクライニングは後ろ向き用。浅い3段階のリクライニングが前向き用となっております。お子様の過ごしやすい姿勢に合わせて設定してください。

【ヘッドサポート】

ヘッドサポート
ヘッドサポートの高さ調整は、アジャストベルトを引っ張ることでヘッドサポートを10段階で上下させることができます。お子様の頭の高さに合わせてご調整ください。

Coquille(コキーユ)

Coquille(コキーユ)

新生児から7才頃まで使えるロングユースタイプのチャイルドシート。 小さな赤ちゃんを守るための工夫や横からの衝撃へも配慮されたチャイルドシートです。
***コキーユはオンラインショップ限定モデルです。***