MAKER'S PUSH!ピジョン商品おススメメディア

検索
ピジョン社員が授乳の現場で実感した母乳実感哺乳びんがホントにスゴイなと思う理由 ピジョン社員が授乳の現場で実感した母乳実感哺乳びんがホントにスゴイなと思う理由

イチオシ

2020.07.13

ピジョン社員が授乳の現場で実感した母乳実感哺乳びんがホントにスゴイなと思う理由

この記事のPush!ライター

SNS担当いけや
SNSでのみなさんの声を参考に日夜情報収集中!SNS担当いけや

ピジョンのSNS担当者の池谷(いけや)です。書く書く言ってずっと書いていなかったメーカーズプッシュ2回目記事をやっと書きました。夏休みの宿題はギリギリにならないとやらなかった子ども時代と、やっていることがあまり変わらない大人生活です。

今回は、日頃から多くの皆さまにご愛用いただいている「母乳実感」哺乳びんのお話です。

私、実は「母乳実感」との付き合いが長く、そしてこの哺乳びんに絶大なる信頼を寄せています。その経験を元にお伝えする、完全メーカー的視点の記事になりますが、それはそれでぜひお楽しみください。

私と母乳実感1 長年撮影をともにしてきた哺乳びん

私が今いる部署は主に広告宣伝を担当する部署でして。この部署に来てからかれこれ5年以上になるでしょうか。その間、ずっと担当してきたのがこの「母乳実感」哺乳びんです。

「母乳実感」哺乳びん

直接おっぱいが飲めて、問題なく過ごせている赤ちゃんとママも沢山いますが、どうしても哺乳びんが必要なシーンがある!という赤ちゃんとママもいて。
そんな皆さんのために、分かりやすく哺乳びんの情報をご紹介する、というお仕事を長年続けているのですが…。

沢山の撮影現場で、私1回もこの哺乳びんで飲めなかった子に出会わなかったんですよね。(※)

あ、ただご想像通り、普段から母乳実感を使っているという赤ちゃんが圧倒的に多いので、「それはそうだろうよ」と思われた方、正解←

でもそうなんです。
「哺乳びん何を使ってますか?」と聞いて母乳実感ではなかった子はほとんどいなかったなあ、という印象で、それは本当にありがたく、またスゴイことだなと感じます。

そして、ピジョンが直接お呼びした赤ちゃんだけでなく、記事をご一緒した雑誌社さんがお呼びした赤ちゃんにお越しいただいた時も、やっぱりスムーズに飲んでくれる子にしか会いませんでしたね~。(※)

まずこの辺の経験が、私がこの哺乳びんに絶大な信頼を寄せている理由のひとつだったりします。

(※)あくまで担当者個人の体験によるものです。

私と母乳実感2 母乳実感がホントにスゴイなと思う理由

「母乳実感」哺乳びん

母乳実感撮影人生で困った経験は、過去に1回だけ。

ママが哺乳びんで授乳を開始したところ、赤ちゃんがちょっと飲みにくそうにしていたんです。あら、これはよくないかな、と思ってママに伺うと、「実は私、哺乳びんで上手にあげられなくて…」と。

そこで授乳をしている姿をじーっと見ていたところ…。
「浅い…。浅すぎる!」と気づく私。
そう、哺乳びんの乳首の咥えさせ方が非常に「浅かった」んです。

普段おっぱいを飲むとき、赤ちゃんは浅く吸い付くと上手に飲めないことが多く、またママのおっぱいもキズになりやすいので、授乳に慣れてくると自然とママと赤ちゃんも深くおっぱいを咥えて授乳することを覚えてくるかと思います。

あ、皆さん乳首を深く咥えることは、授乳において大変重要ですよ。
正確にいうと乳首ではなく、乳輪からしっかり咥えてもらうことが大事です。

「あの、ちょっといいですかね?」と言い、乳首の咥えさせ方を変える私。
「えっ、そんなに?」という反応の心配そうなママ。

でも、ぐっと深く咥えてもらったところ。
最初嫌そうだった赤ちゃんが、「おや?これは大丈夫」と言わんばかりにごくごく飲み始めたのです。

ママは、「哺乳びんでも上手にあげられてよかったです…。」と使っていた母乳実感と乳首サイズをメモしてお帰りになりました。

ピジョンが散々言っていて、皆さん聞き飽きているであろう
「おっぱいを飲む時と同じ⼝の動きで飲める」
これを、授乳の現場で何度も目の当たりにしてきたことこそが、私がこの哺乳びんがスゴイなと思う一番の理由なのです。

私と母乳実感3 そんな私の推しデザイン

母乳実感、ちょっと素朴なデザインの哺乳びん、という印象をお持ちの方も多いかもですが。

この計算された(多分)シンプルさ。
そしてシンプルであるが故に使いやすい、という使いやすさまで考えられた(多分)デザイン。大変よく出来ているなーと思います。

・・・ちょっとメーカー的発言で恐縮ですが。でも本当に。

長年の撮影現場で何度も繰り返し哺乳びんや乳首を洗い、消毒し(←こういうことも自分でやるのです)、ママやパパたちに授乳してもらい、赤ちゃんに飲んでもらった沢山の経験から。

本当によくできた哺乳びんだと言わざるを得ないわけです。

母乳実感という哺乳びんのデザインそのものが優れているわけですが、その中でも特に、個人的に好きなデザイン2つをご紹介します。

▼私の推しデザイン1:母乳実感哺乳びん プラスチック製 トイボックス柄

母乳実感哺乳びん プラスチック製 トイボックス柄

これは単純に私が無類のピンク好きだから。ネコ柄があったら、ネコ一択です。
でも長年販売しているとは思えぬ、いつまでも褪せない、可愛いデザインだなあと思います。

プラスチックびんの中でもダントツ1位の人気に違いない!と鼻息荒く、公式オンラインショップの販売データを見てみたら、こっちの方が人気でしたね、はい。

▼こっちの方が人気だった:母乳実感哺乳びん プラスチック製 アニマル柄

母乳実感哺乳びん プラスチック製 アニマル柄

▼私の推しデザイン2:母乳実感哺乳びん 耐熱ガラス little dream

母乳実感哺乳びん 耐熱ガラス little dream 母乳実感哺乳びん 耐熱ガラス little dream ミルクを入れた時
 

2020年5月に発売した、公式オンラインショップ限定デザインの母乳実感。

初めて現物を見た時、オンラインショップチームからとんでもなく急な撮影依頼を受け大変イラっとしていたのですが、
「ぎゃあ、想像以上に可愛い…」
と一目見て怒りが吹っ飛ぶほど、衝撃を受けたデザインでした。

今までの母乳実感、特にガラスびんはザ・シンプルなデザインが多く、それはそれで◎だと思っていたのですが、これは…可愛いですね。

AGCテクノグラスの印刷技術を採用したことで実現したデザイン。
こんなに繊細で、こんなに華奢なデザイン、なかなかないのではないかと!

母乳実感哺乳びん 耐熱ガラス little dream ミルクを入れた時
 

そしてこのカラフルで、母乳やミルクを入れた時の可愛らしさ。 授乳のテンションがあがること間違いなしです。

Instagramで紹介したところ、早速ご購入いただいた方の投稿もちらほら。
うん、やっぱり可愛い。

母乳実感哺乳びん 耐熱ガラス little dream

同じシリーズにmilky wayというデザインもあり、大人可愛い世界が広がるステキなデザイン。こちらも捨てがたいものがあります。

母乳実感哺乳びん 耐熱ガラス milky way 母乳実感哺乳びん 耐熱ガラス milky way

ピジョンの母乳実感は、前回の私のメーカーズプッシュ記事「#ピジョン5種の神器」でもぶっちぎりの1位に輝く人気商品。

お客様からの投票でも、
「色々使ってみたものの、一番飲みやすいのはコレだった!病院でも使ってたし、問題なく使えてる子が本当に多い!」
「1度違う哺乳びんに変えてみたものの、飲むのが下手っぴな娘には、母乳実感が飲みやすくフィットしてて良かったみたいです。」
「最高の哺乳びん。もはや愛してる。」

※いずれも投票いただいた方の個人の感想です。

というお声を沢山いただき、撮影現場からだけでなく、育児現場からもおすすめされる哺乳びんと言ってもよろしいかと。

と、単なるメーカー担当者の自慢記事になってしまいましたが。

私が100%本音で、母乳実感哺乳びんをこれから母乳育児・授乳生活をされる方のサポート役としておすすめする理由は、以上のような背景があるからなのでした。

母乳実感哺乳びん